イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

女性が輝く時代ですが・・・

女性、若者/シニア起業家支援資金という融資制度があります。 女性の起業を応援する趣旨ですが、だからといって男性なら借りられないお金を女性なら借りられるということはありません。
このような融資制度があるためでしょうか、実際にビジネスを行うのは旦那さんなのに、奥様を社長に据えて会社を設立して公庫から融資を引き出そうと考えるかたがいらっしゃるようです。
旦那さんが過去に事業を営んでいて信用情報に傷があるのかもしれません。
けれど、ほとんどのケースで公庫からお借り入れできていないようです。
社長として奥様が事業を遂行する意思と能力をお持ちでしたら何の問題もありませんが、そうではないことが日本政策金融公庫にも伝わるのでしょう。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

面談を乗り越えらえれないケースが多いようです

実際にそのような資金調達にチャレンジしたことのある女性にお話を伺う機会がありました。
旦那さまには内緒ということでタネ明かしをしてくださったのですが、公庫での面談時に担当者から事業の見通しなどについて細かく質問を受けたので、返答出来ない状況に追い込まれたそうです。
そして、「実は、・・・」とビジネスの主宰者が旦那さまであり、自分はその事業に乗り気でないことと、社長業などしたくないことを正直にお話になったそうです。
不誠実な試みはすぐにバレてしまうものなのですね。
続きを読む 返済期間は何年を希望するべきでしょうか?
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ