イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

会社だから借りやすいということもありません

当事務所にご相談にみえる新規開業者の方々からよく受けるご質問として、個人事業で開業するよりも、会社を設立して法人としてお金を借りる方が公庫から借りやすいのでしょうかという組織形態に関する論点があります。
結論から申し上げますと、会社にしても個人事業で始めても、日本政策金融公庫からはお金を借りられます。個人事業だとお金を借りにくいなどということはありません。
これは、日本政策金融公庫のなかでも国民生活事業の窓口が融資している対象は、数百万円の資金を借りれば足りる小規模な事業体ですから、コストをかけてまで会社にする必要はないと公庫が認識しているからです。
会社を設立するには登録免許税などの費用がかかります。
合同会社ですと7万円もあれば設立できますが、株式会社の場合は30万円を超える費用が発生します。
税務申告なども、個人であれば自分で所得税の申告書を作成できますが、会社の場合は法人税申告書を自分で書くことは難しすぎます。税理士に依頼せざるを得ませんから、数十万円の費用が発生します。
このように、法人にすると色々コストがかかりすぎます。
開業後すぐに行き詰る会社さんも少なくありませんから、余計なコストを掛けることなく、開業してしばらく経って事業規模が拡大してから会社にすれば良いのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

ただし、会社であればリスクは軽減される

融資を受けやすいか否かという観点からは、個人事業で開業しても問題ないのですが、事業失敗のリスクを考えた時には、最初から会社で起業するのも悪くありません。
例えば、日本政策金融公庫は新創業融資という融資制度を設けていて、これは会社の代表者個人が保証人にならなくてもよいという仕組みです。
この新創業融資を会社が受ければ、もし、起業に失敗した場合も、あなたは会社に出資した資本金相当額の損失を被るだけですみます。
個人事業としてお金を借りていた場合は、自己資金として用意した元手に加えて、公庫からの借り入れをその後も返済することになります。
ですので、起業に失敗した際のリスクヘッジを考えるのであれば、数十万円のコストをかけてでも会社を設立しておく方が良いといえるでしょう。
続きを読む 妻を社長にして会社を設立すれば融資を受けられる?
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ