イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

お金を借りるまでに3週間はかかるとお考えください

日本政策金融公庫の国民生活事業のウェブサイトには、「よくあるご質問」というコーナーがあります。
ここに、融資までに要する期間のFAQがあります。
「Q.4 借入申込をしてから、融資が決まるまでにどれくらいの日数がかかるのでしょうか。」
という問に対して、
「A4.お申込みいただいた後は、迅速に対応させていただきます。ご融資が決まるまでの平均所要日数は2週間程度(土日、祝日を含む。)です。」
という回答が掲載されています。
でも、これは融資が実行されるまでの期間ではありませんので注意が必要です。
実際には、公庫のウェブサイトから借り入れ申し込みをして面談までに1週間かかり、面談から融資可否の回答があるまでにさらに1週間かかるのが通常スケジュールですので、借入申込から融資が決まるまでが2週間ということです。
融資してもらえることが決まってから契約書に調印して融資実行を受けるまでにも日数がかかりますので、スムーズに進んで3週間後にお金を借りられるとお考えいただくのがよろしいかと存じます。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

実際には借入申込までにも時間がかかります

当事務所にお借り入れのご相談にお越しになる事業者様の場合、資金はすぐに借りたいのだけれど、申込のための書類を作成するのには時間がかかりますとおっしゃるケースが少なくありません。
税理士事務所から過去の決算の資料を取り寄せるだけで2週間かかったというケースもあります。
さらに、新規開業のためのご相談を受けた場合には、創業計画書を作成するのに1ヶ月以上かかるケースのほうが多いほどです。
借入申込のための資料作成に1週間かかると考えますと、はじめての日本政策金融公庫からのお借り入れには1ヶ月かかるとお考え下さい。
続きを読む 日本政策金融公庫から借りるベストタイミングは?
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ