イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

預金通帳をみれば経済状態が丸わかりになります

とりわけ創業資金を借りる場合には、日本政策金融公庫の面談時に預金通帳を持参するようにいわれます。
実は、お金を借りられるかどうかのボーダーライン上にいらっしゃる方にとって、この預金通帳のチェックが一番の難関となります。
なぜなら、預金通帳をみられると、提出書類や面談でどんなに恰好のいいことを言っていても、あなたの経済状態が丸わかりになるからです。
常時預金残高が300万円以上ある方と、預金残高が10万円未満の方とでは、どちらが経済状態が良好であるかは考えるまでもありません。
かといって、お金を無い方に、常時預金残高を300万円程度維持してくださいとお願いしても無理なはなしです。
結局、事業計画などは付け焼刃の対応ができても、預金通帳だけは何か月何年という準備期間をもって地道に対策していくより他ないのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

公共料金の引き落としが遅れていると言い訳できません

預金通帳の過去の履歴を見ると、残高の多寡以外にも、お金を貸して問題ない人かどうかがわかる点があります。
それは、水道光熱費や通信費の引き落としの状況です。
自宅の電気料金の支払さえ滞っている人に公庫はお金を貸そうとは思いません。
家賃の支払いも遅れることがあるようですと、お金の管理にルーズな人の烙印を押されてしまいます。
こういったことは預金通帳に残りますので、普段から各種の支払は期日通りに行うよう留意しましょう。
なお、公共料金の引き落としが遅れた事実を預金通帳から公庫に知られることがないようにと、自動引き落としを申し込まずに、コンビニエンスストア等で現金で毎月支払う方法なら問題ないでしょうかというご質問を頂くことがあります。
日本政策金融公庫の国民生活事業の面談では、公共料金の領収証を持参するように依頼を受けることがありますので、このような小手先の対策は意味がありません。
続きを読む 日本政策金融公庫は担保と保証人をこんな風に考えています
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ