イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

提出書類の記載内容をきっかけとして質疑が始まる

日本政策金融公庫の面談時には事前に、または、当日に企業概要書、事業計画書、創業計画書などの資料を提出しますので、まずは、面談担当者がそれらに目を通しながら記載事項について話題をふってきます。
テーマは大きくわけて2つ。
現在の状況と、今後の見通しです。
既に事業をはじめていて決算書を提出している場合ですと、経営成績と財政状態について関心を持たれますので、その点については必ず質問を受けます。
決算の内容が良ければ、公庫の担当者も基本的には融資をする前提であなたとの面談を進めて行こうと考えますので、その後の流れはスムーズです。もう、稟議を通す前提で優しい質問が続きます。
反対に、決算の内容が芳しくない場合、公庫の担当はネガティブな反応を示します。まるで貸せない理由を探るような質問が続きます。そして、今後の見通しについてもあなたが示した計画が本当に達成できる見込みはないでしょというような疑いのまなざしが向けられます。
新規開業の場合ですと、現在のお仕事の状況とご経歴から、起業に至る経緯を聞かれます。
日本政策金融公庫への提出書類の出来栄えは借入申込者によってバラつきが大きいため、会社勤めをなさっていてデスクワークの経験が豊富な方ですと、提出書類の出来栄えが抜群に良いという評価になるようです。公庫の担当者も違和感をおぼえることなくスムーズな質疑応答を進めてくれます。書類の出来栄えと経歴とが両方良くて、現在のローン残高が少なければ、軒並み高評価を得て、希望通りのお借り入れが実現できるようにお見受けします。
一方、書類作成のご経験がない方の場合、公庫の担当者はひとめ見て、書類の質が高くないとの心証を抱きますが、心配はいりません。
日本政策金融公庫にお借り入れの申し込みをする起業家の方の大半は、営業や技術面で長けた方が多く、書類作成は不得手です。
提出した書類の間違いを指摘するようなことはしません。
提出した書類を話題のきっかけにして、今後の収支が見通せるかどうかを判断しようという意図で質疑が続きます。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

資金使途が本当に説明通りかチェックされている

日本政策金融公庫の国民生活事業の窓口に借り入れを申し込む人の中には、高利の借り入れの借り換えをもくろむ人が少なくありません。消費者金融やカードローンの残高が増えてしまい、金利も高いので、公庫からお金を借りて、消費者金融等のローンをいったん全て返済してしまおうと考えるひとが実際にいるのです。
公庫は他のローンの借り換えのための資金は貸さないルールになっていますので、「消費者金融に返すためのお金を貸してください」と正面からお願いしても絶対に貸してもらえないのですが、事業のための資金を借りることにして公庫からお金を借りようとチャレンジする人があとをたちません。
日本政策金融公庫の国民生活事業の担当者は、こういったルール違反の申込者を鋭い嗅覚でかぎ分けます。
多くは資金使途について質問を掘り下げていくとボロがでますので、面談でも資金使途は詳しく説明を求められます。
続きを読む 面談時に預金通帳をチェックされる理由
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ