イメージ画像

事業資金の借入れをお手伝い
絶対成功の自信があるから完全成功報酬制

日本政策金融公庫は借りやすいって聞きますが・・・

日本政策金融公庫に頼めば中小零細企業でも新規開業の場合でもお金を借りやすいというのはよく聞くはなしです。
これは、その通りです。
銀行に借りに行くよりも数段借りやすいです。
例えば、定食屋さんで勤めている中年男性が、自宅近所に居抜きの店舗をみつけて脱サラしようと考えた時に、300万円程度の資金が足りなかったのですが、日本政策金融公庫をひとりで突然訪問して、開業資金を貸してほしいとお願いしてみたら、すんなり借りられたケース。
ひとり親方の大工さんが、施主さんから工事の代金を払ってもらえなくなって、材料費などの支払いで生活に困窮したのですが、日本政策金融公庫にふらりと出掛けて、一時的に運転資金を貸してもらえないだろうかと相談したところ、これまたすんなり借りられたなど。
これまで金融機関からお金を借りた経験がまったく無い事業者様でも、日本政策金融公庫から難なくお借り入れできたというケースは枚挙にいとまがありません。
日本政策金融公庫であっても、返済の見通しが立たない資金は融通してくれませんが、銀行・信用金庫に比べるとそのハードルはとても低いのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

国民生活事業の窓口へどうぞ

日本政策金融公庫のウェブサイトをご覧になれば、融資の案内も、最寄りの店舗も詳しく書かれていますので、ほとんどこれで事足ります。
ただ、初めて日本政策金融公庫をご利用になる事業者様にとっては、説明が細かすぎるかもしれません。
最初に戸惑うのは、日本政策金融公庫に相談に行こうと考えて、最寄りの支店を検索した場合に、ひとつの支店の中に「国民生活事業」、「中小企業事業」と「農林水産事業」の3つも連絡先(電話番号)が記載されていて、この中からどこに電話を掛けたら良いものかという点です。
農林資産事業の窓口に電話を掛けてみようとお考えになる方は限定されるでしょうが、国民生活事業と中小企業事業のいずれに電話を掛けるかは、迷ってしまいます。
生活資金を借りるのではないので、新規開業資金の相談も中小企業事業の窓口に連絡すべきなのだろうかという疑問です。
答えは、「国民生活事業」の窓口が正解です。
中小零細企業と新規開業者の皆さんの対応をしてくれるのは、3つのうち、「国民生活事業」の窓口と決まっているのです。
小さな事業を始める(営んでいる)のだから中小企業事業の窓口に相談する方が、名前だけみると正しいような気がします。
利用者側からすると、これは不親切なネーミングだと思います。
日本政策金融公庫は、それまで別々の政府系金融機関として存在していた国民生活金融公庫、中小企業金融公庫および農林漁業金融公庫の3つが平成20年に統合されてできた経緯があります。ただ、3つの組織が統合されたといっても、それは看板を付け替えただけで、実際には内部は3つに分かれたままです。
平成20年の統合より以前は、中小零細企業と新規開業者の皆様への融資は国民生活金融公庫が担当していましたので、統合後は国民生活金融公庫の人たちがそのまま働いている国民生活事業の窓口が担当ということになっているのです。
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

中小企業事業の窓口を訪問してみると

中小企業でも、少し規模が大きくなると必要な資金の額も大きなものとなってきます。
億円単位の資金調達を考える場合には国民生活事業の窓口では対応してもらえませんので、中小企業事業の窓口を訪問することになります。
でも、中小企業事業の窓口は、おなじ公庫の人たちなのですが、国民生活事業の窓口ほど簡単にはお金を貸してくれません。
どこかの銀行さんからお金を借りられる場合に、公庫の中小企業事業からも何割かをお貸ししますというような協調融資のお話などが出てきたりします。
これは、中小企業事業の窓口では、融資先の財政状態や収益見通しなどを国民生活事業よりもシビアに評価しますということです。
続きを読む 創業資金を貸してくれる金融機関はほとんどない
 
お問い合わせお問い合わせ・ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク

このページの先頭へ